[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
酔って 投稿者:浅野 投稿日:2020/12/14(Mon) 14:58 No.5169

指導いただき書き直しました。


酔って悪いかなぁ〜酒よ

きれい 好きだと 言ってはないが
お前に だけは わかって欲しい
あいつも 知ってた 気がするが
無口な 俺の 惚れ方だった
人生 かけても 愛し抜き
幸せ だったと 言わせたかった
酔って 悪いか なぁ〜酒よ


世間 見渡しゃ 見栄えのはえた
俺より ましな 男はいたさ
そいつは わかって いたんだが
譲れぬ ことも この世にあるさ
子供も ようやく 巣立ったし
二人の 時間を 過ごしたかった
酔って 悪いか なぁ〜酒よ


なんの 気なしに 見つめてみれば
恥じらう ような やさしい瞳
逝っては いいとは 言わぬうち
きれいな 笑顔 残して去った
魂 抜かれた 思いだが
今でも あいつを 抱きしめている
酔って 悪いか なぁ〜酒よ

Re: 酔って - sai   2020/12/22(Tue) 10:34 No.5170
一節の、お前、あいつ、俺、が整理されていないので、これを推敲とは言いません。人称は2つまでにしてください。また、主人公が酔って悪いか、といいたい理由が一節でわかるようにお話を進めましょう。言い訳ばかり長々と書いても、聞く人の耳は捕まえられません。最終行だけを残して、前六行は四行まで減らしてみて下さい。それを推敲といいます。
あと、三節の頭、字足が違ってます。なんの、気なしに、は変でしょう?なんの気 なしに、と切るのが正。
Re: 酔って - 浅野   2020/12/28(Mon) 09:45 No.5176
saiさん 何度もお手数をおかけします。有難うございます。

酔って 悪いか な〜酒よ

きれい 好きだと 言ってはないが
あいつも 知ってた 気がしていたよ
無口な 男の 惚れ方で
幸せ だったと 言わせたかった
酔って 悪いか な〜酒よ


世間 見渡しゃ あいつに見合う
俺より ましな 男はいたさ
けれども 誰にも 渡せぬと
今では さみしさ 流れるままに
酔って 悪いか な〜酒よ


逝って いいとは 言わないうちに
きれいな 笑顔を 残して去った
魂 抜かれた 思いだが
今でも 心に 抱きしめている
酔って 悪いか な〜酒よ
Re: 酔って - sai   2021/01/22(Fri) 22:08 No.5179
浅野さん、各節前半を四行にしてみてどうですか?すっきりはしましたが、箇条書きの文章を並べたような感じがしませんか?それは、各行の心情的なつながりがないからです。つまり、言いたいことは残りましたが、物語の筋に沿った感情がないってことです。それを今度は気持ちをつなげて詩的表現に変えると良いです。また、一節よりも三節のほうが、話の内容、どういう状況であるかがわかりやすいと思いませんか?それならば、三節を一節にして、そこから改めて書き始めると良いです。
各節四行をつながりに気を付けて書き上げたら、今度は五行目に最終行につなげるサビの一行を入れます。たとえば、
逝っていいとは 言わないうちに
きれいな笑顔を 残して去った
あいつを心に 抱きしめながら
過ぎた幸せ 数える夜更け
なみだ ほろほろ ぐいと呑む
酔って悪いか なあ 酒よ

とこんな感じで。苦しんで悩んで推敲して、ひとつまたひとつと書き上げるたびに、筆力がついて行きます。

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++