[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
再掲ー浮世あすなろ夢見酒 投稿者:R−TAKE 投稿日:2020/10/15(Thu) 11:30 No.5126

推敲中なので符曲希望しません
・藤田まさと新作コンクールで入選したのですが、佳作までいかず、自信作だったので、どこが悪いのか知りたくて、MFで
添削を受けました、目から鱗でした、思い切って、ガラッ変えました。(旧はサタさんに作曲していただいで公開してます。)

旧作 https://youtu.be/bqk2DsncCJE

浮世あすなろ夢見酒

1.
女やもめの 縄のれん
春の香りに 誘われて   
夢追うお客と 深酒を
悪酔(わるよ)い覚悟で 呑みもする
壁にセピアの 宝船
浮世あすなろあすなろ 夢見酒
2.
春は名のみか 寒い夜
酒はぬる燗 肌恋し
お猪口を持つ手の そのしぐさ  
どこかが似ている あの人に
女あさはか 恋心
浮世あすなろあすなろ 夢見酒
3.
のぞみ横丁 夜が更けて
外はやらずの 雨がふる
のれんをおろした こぼれ灯に  
気がつきゃ私が さそってる
二人寄り添う 奥座敷    
浮世あすなろあすなろ 夢見酒

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++