[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
投稿者:たなかてついち 投稿日:2019/09/05(Thu) 14:44 No.4867

おまえがそっと 傘を差しかけて
迎えにきそうな 雨酒場
飲みすぎですよと 腕を抱き
女房きどりで 叱るやつ
色白素肌に あの笑窪
注ぎ足す酒の ほろ苦さ

おまえの愛を 俺はくみ取れず
我儘放題 していたな
勝手に腹立て 不貞腐れ
ちゃぶ台返して 泣かせたね
もういい分かった 出て行くと
後片づけを してたやつ

篠のつく雨の 音を聞きながら
どんなに飲んでも 酔えぬ酒
咳込みうたた寝 する俺の
背中に半纏 羽織るやつ
おまえは心の 傘だった
その傘失くし 濡れている

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++