[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
「陽炎」 投稿者:たなかてついち 投稿日:2019/09/05(Thu) 10:39 No.4866

君と出逢って 恋した町を
一人辿って 歩いてる
駅の周りも すっかり変わり
知らない町でも 見てるよう
心は変わらぬ つもりでいても
俺も気づけば 四十歳(しじゅう)に近い

駅の裏道 よく来た喫茶店(さてん)
店の前には 風車
模様替えして 二代目なのに
昔の古びた 木の椅子だ
改札口(かいさつ)あたりを ここから眺め
君のすがたを 探したものだ

歳をとらない 二十歳(はたち)のままの
君の笑顔が 見えてくる
湯気だつコーヒー ゆっくり飲めば
人生半ばの ほろ苦さ
帰り道など 何処にもないが
俺は陽炎 映しているよ

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++