139055

作詩投稿コーナー


| トップに戻る | 新規投稿 | スレッド表示 | トピック表示 | アルバム | 留意事項 | ワード検索 | 過去ログ | 管理用 |
冬ぼたん 投稿者:新藤和美 投稿日:2019/01/25(Fri) 08:58 No.4765 返信

冬ぼたん           新藤和美
符曲中です

1 夜のとばりに   赤提灯が
  霙まじりに    揺れている
  人の温もり  恋しくて 恋しくて
  暖簾くぐれば  人の情けに
  赤く燃えてる  恋の花
  命短い     冬ぼたん

2 別れ惜しんだ  あの夜の契り
  あなた今頃   何処の街
  ずっと一緒と 信じてた 信じてた
  湯気にまかれた 迷い花
  忍ぶ未練の   流行歌(はやりうた)
  はらりひとひら  冬ぼたん

3 ネオン灯りが  瞼に霞み
  風が冷たく   肌をさす
  濡れた瞳が  痛むほど 痛むほど
  愛は遥かに  流れて消える
  夢のひとつを  嘆くより
  咲いて女の   冬ぼたん

ご無沙汰しています
ひさしぶりに投稿させていただきます
よろしくお願いします

Re: 冬ぼたん - R−TAKE   2019/01/28(Mon) 23:12 No.4766
お久ぶりです。噂では入院と聞いていましたが、退院したのですね、よかったよかった、相変わらず良い詞書きますね、又気楽に遊びに来てください。
Re: 冬ぼたん - R−TAKE   2019/02/01(Fri) 19:36 No.4768
了解しました、ゆっくりご静養ください、もうじき春です。
続浜町河岸情話 投稿者:R−TAKE代行(福島瑠山) 投稿日:2019/01/23(Wed) 16:23 No.4764 返信

作詩;福島瑠山
  
   「続浜町河岸情話」

  浜町河岸が 春めくころは
  品川沖の鴎(かもめ)が騒ぐ
  来たか船乗り 木更津船便(きさらずがよい)
  待つは色白 江戸育ち
  好いた惚れたと 忍んで会(お)うて
  恋の口説(くぜつ)で 夜が更ける

  浜町河岸が 春めくころは
  品川沖に 帆柱(ほばしら)見える
  来たか船乗り 鎌倉船便(かまくらがよい)
  待つはお侠(きゃん)な 江戸育ち
  好いた惚れたと 駄々(だだ)こねまわし
  恋三昧(ざんまい)で 夜が更ける

  浜町河岸が 春めくころは
  品川沖に 月待ち船よ
  来たか船乗り 北前船便(きたまえがよい)
  待つは芸者(あねさん)江戸育ち
  好いた惚れたと 猪口(さかずき)交わし
  恋の手管で 夜が更ける

Re: 続浜町河岸情話 - 福島瑠山   2019/01/31(Thu) 06:38 No.4767
R-TAKEさん、投稿有難うございました、お手数をお掛けしまし。
海峡渡し船 投稿者:たなかてついち 投稿日:2019/01/14(Mon) 17:57 No.4762 返信

船は港に 汽笛をのこし
恋は心に 思い出のこす
結んだ絆を 解いてまでも
夢は男の 醍醐味ですか
待ってくれとも 言わないで
わたしを置き去る 海峡渡し船


船はしずかに 水平線に
あなた運んで 消えて行く
陽炎みたいに 波間でゆれる
のこる未練は どうして消すの
何も知らずに 海鳥が
飛んで見送る 海峡渡し船

思い切れない やっぱり駄目と
叫びたいのに 声にはならぬ
恋しいあなたの あの顔映し
波がおいでと 誘って泣かす
濡れた瞳に 夕焼けの
水がまぶしい 海峡渡し船

Re: 海峡渡し船 - たなかてついち   2019/01/14(Mon) 18:07 No.4763
一番最終行
わたしを置き去りは
「わたし置き去り」です。文字(を)余分に打ち込んで
しまいました。申し訳ありません。
憎めばいいさ 投稿者:たなかてついち 投稿日:2019/01/14(Mon) 17:40 No.4761 返信

 「憎めばいいさ」

瞬きしないで 涙をうかべ
俺を恨んだ 眼をしてた
酷いねと 言った切り
駅のベンチに しゃがみ込む
おまえに俺は 冷たくも
顔を背けて 汽車に乗る

約束できない 幸せだから
俺を憎んで 眼を覚ませ
愛じゃ 駄目なんだ
夢を未来に つなげろと
おまえを俺は 切り捨てて
未知の国へと 旅にでた

隠した未練が 車窓に映る
俺の心に 涙雨
一時(いっとき)の 傷なんて
麻疹(はしか)みたいと 呟いた
おまえに俺が 贈ってやれる
男心も 闇の中

ルルルル・東京 投稿者:たなかてついち 投稿日:2018/12/28(Fri) 19:04 No.4760 返信

前回投稿の『ありがとう東京』
何だか必要以上に言葉くっつけた感じがして、
短く絞ってみました。良いか悪いかは❔です。

銀のしずくと 瞳(め)をとじた
君のまゆ毛に ひかる雪
手袋はずして ぬぐってあげる
僕の未来の お嫁さん
 ルルルル・東京
  ロマンチック

お酒飲もうか 少しだけ
冷えた身体も 温まる
お洒落なクラブの 灯影にゆれる
君の横顔 愛しいよ
 ルルルル・東京
  ロマンチック

雪もやんだし 帰ろうか
泣いちゃ駄目だよ また逢える
約束してねと 小指をだした
君とくちびる かさねてた
 ルルルル・東京
  ロマンチック

涙の切符 投稿者:たなかてついち 投稿日:2018/12/28(Fri) 18:32 No.4758 返信

切符一枚 握りしめ
北ゆく列車に 乗っている
恋する甘さも 酸っぱさも
教えてくれた 東京の恋
 ありがとう
  そして あなた
   私は帰ります
母なる聖地の ふる里へ

見送る人など いないまに
窓からホームを 覗いてる
生きてく喜び 悲しさが
たくさんあった 東京の夢
 さようなら
  そして 涙
   私は帰ります

父なる大地の ふる里へ

線路を照らして 走るけど
幸せ行とは 限らない
至らぬ私の 我儘を
許してくれた 東京の街
 ありがとう
  そしてあなた
   私は帰ります
母なる聖地の ふる里へ

Re: 涙の切符 - たなかてついち   2018/12/28(Fri) 18:43 No.4759
唄間違えを訂正します。
二番一行目 (見送る人など いないまに)
修正後 見送るひとなど いないのに
   御免なさい
大阪で恋して大阪で泣きました 投稿者:たなかてついち 投稿日:2018/12/24(Mon) 17:34 No.4755 返信

すすり泣きした 涙の顔を
雨でぬらした 中之島
愛し合っても 添えないなんて
嫌よ酷いと 拒んでも
運命の強さに 流される
大阪で恋して 大阪で泣きました


今夜かぎりで お別れだもの
朝よこないで 淀屋橋
寒くないかと コートを脱いで
肩に羽織って くれる人
嫌いになれたら 楽なのに
 大阪で恋して 
  大阪で泣きました

夢のなごりを ライトが照らす
落葉しぐれの 御堂筋
傘は一つで 二人の指が 
からみ求める 愛なのに
星まで隠れて 知らんぷり
 大阪で恋して 
  大阪で泣きました


 

Re: - 管理者   2018/12/24(Mon) 21:24 No.4756
ご無沙汰です。お元気でしたか・・・
2作品ともサビに工夫がみられ、斬新な感じがします、どうゆう曲になるのか、聴いてみたいですね。
ありがとう東京 投稿者:たなかてついち 投稿日:2018/12/24(Mon) 17:02 No.4754 返信

銀のしずくと 瞳(め)をとじた
君のまゆ毛に ひかる雪
手袋はずして 拭ってあげる
僕の未来の お嫁さん
 ロマンチックな夜を
  僕らのために
   ありがとう 東京

お酒飲もうか 少しだけ
冷えた身体も 温まる
お洒落なクラブの 灯影に浮かぶ
君のくちびる 愛しいよ
 ロマンチックな夜に
  七色ネオン
   ありがとう 東京

雪もやんだし 帰ろうか
泣いちゃ駄目だよ また逢える
約束してねと 小指をだした
君とくちびる かさねあう
 ロマンチックな夜の
  真白い歩道
   ありがとう 東京

おまえ行きの最終便   投稿者:黒井 大翔  投稿日:2018/10/23(Tue) 23:18 No.4740 返信


会いに行くのか 千切れた愛を
捨てに行くのか 夜更けのジェット
罪というなら 愛したことが
俺の罪だと 涙ぐむ
いつか俺が 会いたくなって 搭乗(の)る便は
おまえ、おまえ おまえ、おまえ・・・
おまえ 行きの 最終便

北へ行くのか 愛しい人に
会いに行くのか 夜更けのジェット
霧のカーテン くぐって消える
細い背中を 見つめてた
いつかきっと 恋しくなって 搭乗(の)る便は
涙、涙 涙、涙・・・
涙 発の 最終便

泣いているのか あの日のように
濡れたまつ毛を 小指で隠し
胸に抱けたら 放しはしない
折れるくらいに 抱きしめて
いつか俺が 命を懸けて 搭乗(の)る便は
おまえ、おまえ おまえ、おまえ・・・
おまえ 行きの 最終便

Re: おまえ行きの最終便   - 佐谷戸   2018/12/04(Tue) 01:32 No.4753
これ、付曲してみますね。男っぽい感じで。
ミ・アモーレ東京 投稿者:黒井 大翔  投稿日:2018/11/21(Wed) 18:21 No.4748 返信


ミ・アモーレ東京  肩に降る雨
濡れて行きたい  二人なら
ささやくように耳元を  吹き抜ける夜風
銀座  赤坂  六本木
路地の街路樹  濡れている
連れて行ってよ  夜の最果て

ミ・アモーレ東京  少しお酒を
飲んでみたいわ  あの店で
肩寄せ合ったカウンター  ほの暗い明り
上野  不忍  御徒町
心浮雲  浮かれ雲
抱いて眠って  夜明け忘れて

ミ・アモーレ東京  知らぬ同士が
花を咲かせる  恋の街
身の上話しなくても  分かり合う心
成田  福岡  唐津まで
帰る背中を  追いかけて
ついて行きたい  命預けて

Re: ミ・アモーレ東京 - ぺーです。   2018/11/25(Sun) 01:14 No.4749
付曲に挑戦してみました。
Re: ミ・アモーレ東京 - 佐谷戸   2018/11/25(Sun) 16:45 No.4750
ペーさん、お元気回復されたようですね〜、よかった!^^
この詞、私も付曲中。ちょっと色気含みにしたいと思っています。いずれアップしますので、聴いてみて下さいね。 
Re: ミ・アモーレ東京 - ぺーです。   2018/11/25(Sun) 19:53 No.4752
それはそれは大変失礼いたしました。お陰様で順調に回復しております。現在、最終クールに入っております。
私の方はお邪魔する気はございません。サタさんの曲の完成を楽しみにお待ちしてます。
< 3456789101112>
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++