165398

作詩投稿コーナー


| トップに戻る | 新規投稿 | スレッド表示 | トピック表示 | アルバム | 留意事項 | ワード検索 | 過去ログ | 管理用 |
俺は茶髪のFisherman 投稿者:R−TAKE 投稿日:2019/10/02(Wed) 22:18 No.4873 返信

・再掲です。

俺は茶髪のFisherman(フィシャーマン)

茶髪の魂(ココロ)で 魚は獲れぬ
おやじは強く 叱咤する
茶髪にだって 意地はあるのさ
感度最新 ソナーを準備
俺は茶髪の Fisherman
いつかおやじを こえてやる

携帯電話が あの娘のエール
二人の夢に 奮い立つ
朝日の中を 鴎が舞えば
今日の漁場は 大漁旗だ
俺は茶髪の Fisherman
春の潮華(シオバナ) 御祝儀さ

ソナーに映るは ナブラの群れだ
気持ちをグッと 引き締める
おやじよ今日は 還暦祝い
上がり鰹の 大漁目指す       
俺は茶髪の Fisherman
行くぞ黒潮 熊野灘

はまなす 投稿者:福島 瑠山 投稿日:2019/09/24(Tue) 11:38 No.4872 返信

「ハマナスは咲いている!」
〜東日本大震災を忘れないでください

1、あの日 あの時の黒い波35
流された家族や自宅543
流された畑や田圃543
豊かな大地は荒れ地となり446
小さな幸せが奪われました457
だけどハマナスは咲いている355
白い花 私の好きなハマナスよ575
2、あの日 あの時の 黒い波355
流されたピアノやギター543
倒されたお墓や灯篭543
緑の大地は荒れ地となり446
小さな希望(のぞみ)が奪われました447
だけどハマナスは咲いている355
  白い花 私の好きなハマナスよ575
3、あの日あの時の黒い波355
流された鮑(あわび)や昆布543
砕かれた漁船や小舟543
われらの大地は瓦礫となり446
平和な暮らしが奪われたました447
だけどハマナスは咲いている355
白い花 私の好きなハマナスよ575
(転調=ここからしみじみと怒りをぶっつけてください)
4、あの日、あの時、悪魔が襲いました3446
故郷(ふるさと)を捨てて逃げました535
原発で大地も海洋(うみ)も汚染(やられ)ました5436
汚染(おせん)水(すい)はとめどなく湧いて止まりません6536
もうコントロールなどできません 285
怒りと悲しみと悔しさで腸(はらわた)が千切れそうです45557
                       
もう済んでしまったことにするのですか2376
もう何も無かったことにするのですか2376
どうか 皆さん、力を貸してください3447
どうか 皆さん、力を貸してください3447    
  2019・9・17

  間接的被害者が絶望的な歌詞を書きました、二重投稿です、お許しください。

ふられ酒 投稿者:黒鋼鉄男 投稿日:2019/09/23(Mon) 17:51 No.4871 返信

ふられ酒2019.9.6黒鋼鉄男
酒は飲めない男だが
あの子に振られ涙酒
恋の未練が辛いけど
慣れない酒に目が回る
胸がむかむかして来たら
たまりかねてゲロを吐く

何で実らぬ恋なのか
俺の顔がまずいのか
女心と云うものは
男にゃ分らぬミステリー
自棄酒飲んでむかむかと
涙を流しゲロを吐く

夢も希望も無くなった
それほどあの子好きだった
もうお止しと云われても
酒に溺れて死にたくて
ああまたまたこみ上げる
男嘆きのゲロを吐く


マンネリ演歌を打開すべく画期性を求めていたらこんなになりました、久しぶりの投稿です、笑って許して。

 恋  紅 葉  投稿者: 黒井 大翔  投稿日:2019/09/22(Sun) 23:21 No.4870 返信


歩道に揺れる  影ひとつ
そこに愛した  男(ひと)がいる
別々の  交わることの
ない  人生を
無駄と笑うか  秋の風
差し伸べた手のひらを  すり抜けて
舞うはあの日の  恋紅葉(こいもみじ)

日傘で隠す頬  濡らす
涙ひとつに  過去がある
別れても  忘れたことの
ない  あの男(ひと)を
夢と嘆くか  にわか雨
くちびるの薄紅(うすべに)が  悲しげに
色を託した  恋紅葉

おさげ髪 投稿者:ぺーです!(^^)! 投稿日:2019/09/14(Sat) 20:48 No.4869 返信

おさげ髪
  作詞:白いスイートピー

あなたが好きだった ピンクのコスモスが
冷たい風の中 今年も咲きました
学校帰りいつも  歩いたこの道も
夕日の川原さえ あの日と同じです
都会の暮らしはどうですか
仕事に追われて 友達も出来て
私のことなど忘れたのでしょうか

あなたが好きだった 私のおさげ髪
笑顔の写真そっと しまったパスケース
あれからなにも返事 いただけないけれど
今年もまた手紙 書き続けています
私も大人になりました
あなたの知らない町へと嫁ぎます
これーが最後の最後の手紙です

私も大人になりました
あなたの知らない町へと嫁ぎます
これーが最後の最後の手紙です
これーが最後の
さ-い-ご-の-て-が-み-です

付曲済です!(^^)!

再掲 投稿者:R−TAKE 投稿日:2019/09/14(Sat) 08:42 No.4868 返信

・コメントのみお願いします。

時勢の花

女「しずか」に 「男」義経
京の巷の 流行歌(ハヤリウタ)
時勢に咲いた 花ならば
時勢に散るか 悲恋花
「しず」は十六 白拍子
命を命を恋に 賭ける年齢(とし)

鶴岡八幡宮(ミヤ)の桜は 見事咲いても
警護(ミハリ)の中で 舞う舞台
想いは遠く 平泉
心に咲くは 想い花
「しず」は十六 白拍子
一途に一途に望み 賭ける年齢(とし)

卑猥からかう 田舎さむらい
凛と睨んで 言い放つ
鎌倉殿の 弟君(オトウト)の
妾(オンナ)と知っての  からかいか
「しず」は十六 白拍子
女が女が意地を 魅せる年齢(とし)

「陽炎」 投稿者:たなかてついち 投稿日:2019/09/05(Thu) 10:39 No.4866 返信

君と出逢って 恋した町を
一人辿って 歩いてる
駅の周りも すっかり変わり
知らない町でも 見てるよう
心は変わらぬ つもりでいても
俺も気づけば 四十歳(しじゅう)に近い

駅の裏道 よく来た喫茶店(さてん)
店の前には 風車
模様替えして 二代目なのに
昔の古びた 木の椅子だ
改札口(かいさつ)あたりを ここから眺め
君のすがたを 探したものだ

歳をとらない 二十歳(はたち)のままの
君の笑顔が 見えてくる
湯気だつコーヒー ゆっくり飲めば
人生半ばの ほろ苦さ
帰り道など 何処にもないが
俺は陽炎 映しているよ

鷺草の花 投稿者:たなかてついち 投稿日:2019/09/05(Thu) 10:06 No.4865 返信

白い翼を ひろげた鳥が
飛んで舞いそな 鷺草の花
夢でもあなたを 思ってますと
一縷(いちる)な愛の 花言葉
語る私の 胸をうつ

恋のいざこざ 世の常なのに
花を愛でると 穏やかになる
夢でもあなたを 思ってますと
愛する人の 夢の中
逢いにゆけると 良(い)いのにね

人の心を 和ませながら
何処か寂しい 純白の花
夢でもあなたを 思ってますと
切ない恋詩(こいうた)  綴ってる
花の詩人に もらい泣く

ブーゲンビリア 投稿者:高木雄太 投稿日:2019/09/01(Sun) 19:38 No.4863 返信

 
ブーゲンビリア   
作詞 高木雄太

雨は ひたすら 私に落ちて
髪を伝って 項に流れ
スルリと胸に滲みてくる
あなたが好きな 花の苗
濡れながら 植えながら 泣きながら
夏が往く とても悲しい 夏が往く

風は 優しく 囁きながら
首をくすぐる 小指に触れる
サラリと頬にキスをする
あなたが側に 居ないから
笑わない 唄わない はしゃがない
夏が往く とても静かな 夏が往く

花は 真っ赤な ブーゲンビリア
時が巡って 蕾が爆ぜて
フワリと花が咲きました
あなたが好きな ボブヘヤー 
サラサラと ユラユラと 風の中
夏が来る 少し元気な 夏が来る
夏が来る 少し淋しい 夏が来る

作曲済みです

Re: ブーゲンビリア - R−TAKE   2019/09/02(Mon) 09:44 No.4864
サビが5・5・5−5・7・5ですよね。
プロの作詞家は、作詞家・作曲家・歌手等で検討するので可能ですが、アマチュアの作詞家はここまでの冒険はできません、特に演歌は類似のプロの作品を参考にして書くしか・・・(サビが決まらないのではと不安がつきまとう。)
これがシンガーソングライターの強みですね、羨ましいです。
符曲されてるとの事、楽しみにしています。
浅草もの 投稿者:福島 瑠山 投稿日:2019/08/13(Tue) 10:07 No.4859 返信

「浅草ひさご通りの居酒屋お房」

観音様に 夕日が映える 77
西へ進めば 花やしき 75
昔恋しい ひさごの池よ  77
今じゃ 水辺の影もなし 75
通りにあるは 居酒屋お房 77

ひさご通りが にぎわう頃は77
観音様が目をつぶる75
昔恋しい ひさごの池よ 77
今じゃ 若人 集う街75
今日も行こぅよ 居酒屋お房77

スカイツリ−が 間近かに見える 77
江戸紫の ほの明かり    75
昔恋しい ひさごの池よ 77
今じゃ 世界にほこる街75
通いなれたる 居酒屋お房77

久しぶりに「浅草もの」を作りました・・

Re: 浅草もの - R−TAKE   2019/08/14(Wed) 15:44 No.4860
体調はどうですか?
福島さんの5行詞は珍しいですね、江戸ものはやはり博学だけにうまいですね。
浅草もの - 福島 瑠山   2019/08/19(Mon) 10:21 No.4862
R-TAKEさん、ご心配おかけしております。だいぶ良くなって元気がでてきました。
この詞にはサタさんが曲をつけて下さいます。昔、「浅草十二階」と「瓢箪池」が並んでおりましたが、今はありません。名前が「ひさご通り」と残っております。
< 12345678910>
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++