191506

作詩投稿コーナー


| トップに戻る | 新規投稿 | スレッド表示 | トピック表示 | アルバム | 留意事項 | ワード検索 | 過去ログ | 管理用 |
再掲ー浮世あすなろ夢見酒 投稿者:R−TAKE 投稿日:2020/10/15(Thu) 11:30 No.5126 返信

推敲中なので符曲希望しません
・藤田まさと新作コンクールで入選したのですが、佳作までいかず、自信作だったので、どこが悪いのか知りたくて、MFで
添削を受けました、目から鱗でした、思い切って、ガラッ変えました。(旧はサタさんに作曲していただいで公開してます。)

旧作 https://youtu.be/bqk2DsncCJE

浮世あすなろ夢見酒

1.
女やもめの 縄のれん
春の香りに 誘われて   
夢追うお客と 深酒を
悪酔(わるよ)い覚悟で 呑みもする
壁にセピアの 宝船
浮世あすなろあすなろ 夢見酒
2.
春は名のみか 寒い夜
酒はぬる燗 肌恋し
お猪口を持つ手の そのしぐさ  
どこかが似ている あの人に
女あさはか 恋心
浮世あすなろあすなろ 夢見酒
3.
のぞみ横丁 夜が更けて
外はやらずの 雨がふる
のれんをおろした こぼれ灯に  
気がつきゃ私が さそってる
二人寄り添う 奥座敷    
浮世あすなろあすなろ 夢見酒

子猫のジェラシー 投稿者:浅野 投稿日:2020/09/30(Wed) 13:44 No.5108 返信

    
子猫のジェラシー

最近 帰りが とっても遅い
なんだか とても 不安です
それでも 彼は ルンルンしてて
私の 食事も 忘れがち
いつから 変に なったのか 
まったり しすぎて 油断をしてた
口紅 頬に 帰ってくれば
愛する 男(ひと)でも 許せない

(どんな 女かしらないが)

雨の日 抱き上げ 拾ってくれた
あの時 私 恋したの
誰より 好きで 大好きだから
あなたの 幸せ 壊せない
ときどき 膝に 抱き上げて
いつもは ゲージで 寝たふりしてる
あいつと あなた 喧嘩をしたら
あいつを ガブリと やってやる

(いつかチャンスは きっとくる)

最近 私の 食事のしたく
あいつが つくり だしてく
ついつい つられ 匂いを追えば
私を やさしく 呼び寄せる
抱きしめ そっと 頬寄せて
ゆっくり ゆっくり なでなでするわ
この女(ひと) とても いい人みたい
じわじわ 洗脳 してるかも

ゴロゴロ ゴロゴロ
(ついついのどがなる)

Re: 子猫のジェラシー - sai   2020/10/01(Thu) 11:18 No.5111
可愛い^^ 子猫の様子が見えますね。昔読んだ、綿の国星という漫画を思い出しました。
ただ、八行三節という構成は少し長いですね。メロディの構成やジャンル、テンポなどをどう想定しているのかわかりませんが、ここは言わなくてもいい、ここはもう少し違う言葉で、など各節内容を見直して六行三節にまで整理すると覚えやすく歌いやすい作品になると思います。
気になった箇所は、ガブリ。猫ちゃんだからやはり爪でしゃーーーー!っと勢いよくやって欲しいなあと思いました。
Re: 子猫のジェラシー - 浅野   2020/10/05(Mon) 15:01 No.5116
saiさん
ありがとうございます。

    子猫のジェラシー

最近 帰りが とっても遅い
なんだか とても 不安です
それでも 彼は ルンルンで
私の 食事 忘れがち
愛する 女(ひと)でも できたのか
まったり しすぎて 油断をしてた

(どんな 女かしらないが)

雨の日 抱き上げ 拾ってくれた
あの時 私 恋したの
あなたの 幸せ 壊せない
ときどき 膝に 抱き上げて
私の 心は ズタズタで
いつもは ゲージで 寝たふりしてる

いつかは シャーと この爪で)

ちか頃 私の 食事のしたく
あいつが つくり だしてくる
匂いに 誘われ 振り向けば
抱きしめ そっと ほほ寄せる
やさしく なでなで してくれば
見つめる 瞳が 洗脳してる

ゴロ ゴロ ごろ
(のどが ついつい ごろごろと) 
Re: 子猫のジェラシー - sai   2020/10/06(Tue) 12:52 No.5119
浅野さん、がんばりましたね。でもまだ完成とは言えません。これで大体の外郭ができたところです。余分なものを省きましたが、その結果、言葉足りずで意味が通じなくなったり、話が飛んでしまったりしているところが出てきますね。そこを今度は作り直していきましょう。特に二節、五行目六行目が完全に浮いてしまってます。ここを別のお話に替えてしまうか、その前の四行目に伏線をしくか、です。この二節に、彼と彼女が登場すると、三節へのつながりになりますので、まずここから推敲してみると良いと思います。たとえば、状況として、彼と彼女はソファでイチャイチャとしてる、それを見ている私はゲージの中で寝たふりをしている、などなど。
Re: 子猫のジェラシー - 浅野   2020/10/09(Fri) 11:23 No.5120
saiさん
勉強になります。ありがとうございます。
みなさんの場所をたくさん使って申し訳ありません。

    子猫のジェラシー

最近 帰りが とっても遅い
なんだか とても 不安です
それでも あの人 ルンルンしてて
私の 食事も 忘れがち
愛する 女(ひと)でも できたのか 
まったり しすぎて 油断をしてた

(どこの 女かしらないが)

雨の日 抱き上げ 拾ってくれた
あの時 私 恋したの
あの後 あいつが 住みだして
イチャイチャ 二人は 目に余る
破れた 心は ズタボロで
横目に ゲージで 寝たふりしてる


(いつか シャーと この爪で)

最近 私の 食事のしたく
あいつが つくり だしてくる
匂いに つられて 振り向けば
やさしく 見つめて 撫でられる
逆毛が 立つかと思ったら
うっかり ウトウト 抱かれて眠る

ゴロ ゴロ ゴロ
(のどが ついつい ゴロゴロと)
Re: 子猫のジェラシー - sai   2020/10/13(Tue) 22:56 No.5124
浅野さん、がんばってますね。最初の作品と比較するとずいぶんすっきり歌いやすそうで良くなったと思います^^
あとはいい曲が付けば、と思いますが・・・曲が付いた時点で、歌いにくいところがあったらさらに修正していく形で進めていくといいかなと思います。
子猫ちゃんの歌ですから、子猫の世界、子猫の言葉、子猫の感性などが表面に出てくる歌を目指していって下さいね^^
Re: 子猫のジェラシー - 浅野   2020/10/14(Wed) 08:26 No.5125
saiさん
大変お世話になりまいた。一度書いたものを見直さず投稿してました。
今回 作詞を少し知ることができました。大変感謝しています。
ありがとうございます。
宇和島泣かせ波 投稿者:たなかてついち 投稿日:2020/10/11(Sun) 11:20 No.5122 返信

ひかり煌めく 眩しい波に
思わず両手で 目を塞ぐ
たとえこの目を塞いでも
あなたの面影 消えはせぬ
あの恋を あの思い出を
元に戻して 宇和島泣かせ波

三浦半島真珠の筏
幸せ誓った 恋一つ
すべて叶わぬ 夢と知り
心を閉ざした 秋の海
蘇る この懐かしさ
胸に潮っぱい 宇和島泣かせ風

だるま夕日に ゆらゆら揺れる
連絡船の シルエット
遊子の段畑 駆けおりて
あなたが私を 抱(は)ぐしてくれる
妄想につい耽けてゆく
戻るはずない 宇和島泣かせ恋

Re: 宇和島泣かせ波 - sai   2020/10/13(Tue) 18:49 No.5123
いい感じだな〜と読み進んで・・・三節四、五行で椅子からずり落ちました。。。すみません。

コメントについて、そうと思えばそう捉え、違うと思えば聞き流す。それはそれでいい処世術と思います。
ちなみに、私がコメントを入れるのは、皆さんの役に少しでも立てたらとの思いもありますが、それと同時に自分自身の勉強のためでもありますので、ご容赦くださいませ〜〜。
東京挽歌酒 投稿者:たなかてついち 投稿日:2020/10/04(Sun) 13:12 No.5113 返信

穏やかな 宇和海に
しずかに眠る 真珠貝
ふる里宇和島 遊子港
好きなあの娘に 逢いたいな
遇えば火がつく 焼けぽっくりと
分かっちゃいるんだ 東京茜空

天高く 仁王立ち
段々畑 青い海
親父のボロ船 懐かしい
夢を掴めぬ 途中では
帰りゃ拳骨(げんこつ)喰らうだろうな
分かっちゃいるんだ 東京塵の街

行燈の 看板が
夕日のような ネオン街
真っ赤な宇和海 思い出す
漁師つがずに 来た俺さ
戻りゃ恥かく 根性なしと
分かっちゃいるんだ 東京挽歌酒

Re: 東京挽歌酒 - sai   2020/10/06(Tue) 12:28 No.5118
こちらは、逆に情景描写から主人公の立ち位置が難しくなっていると思いました。例えば一節ほとんど宇和海の情景で、最後の一行しかも下句のみで東京に戻っている。それが、おっとっと、東京だったか〜みたいな^^;感じで慌てるというか、目の前の情景が急に変わるというか、なんというか。。。
タイトルとの絡みも、内容に添っていない感じがしました。
Re: 東京挽歌酒 - たなかてついち   2020/10/11(Sun) 10:57 No.5121
ご批評有難うございます。参考になります。
これでもかこれでもかとふる里宇和島をアピールしたいです。
ご遠慮ないご批評をお願い致します。
反論頷きはコメントを差し控えますが、
そうだと思えば素直に捉え、違うと思えば聞き流す。
つ・も・り・です。今回はそうかもと思いました。
大洲の恋 投稿者:たなかてついち 投稿日:2020/10/04(Sun) 12:42 No.5112 返信

好きになるのは 簡単なのに
嫌いになるのは 難しい
暗い肱(ひじ)川 篝火と
影絵みたいな 鵜飼い船
川の土手道 君の手を
強く握った 伊予大洲

忘れられても 忘れはせぬと
未練をうちあけ 泣いていた
桜散らして 恋散らす
春の嵐の 城下町
辛い別れの 悲しみを
胸に刻んだ 伊予大洲

港出入りの 連絡船は
出逢いと別れを 繰り返す
俺のせいだと 誤れば
口をつぐんで 首をふる
好きに嘘など なかったと
名残り引きずる 伊予大洲

Re: 大洲の恋 - sai   2020/10/06(Tue) 12:21 No.5117
地名の扱いがさりげなくて、押しつけがましさがないところがいいですね。下手すると絵葉書ソングになる人が多い中で、さすがのたなかさん。ベテランの味がありますね。
情景が見えるようで、いい歌になりそうです^^
道頓堀 投稿者:黒井 大翔 投稿日:2020/07/31(Fri) 23:04 No.5065 返信


会えない夜は 暗くて悲しい
街のネオンも 色褪せて見える
いっそ雨なら 諦めもついて
泣き泣き 眠れるでしょう
小指いじめても あなた怨んでも
歩道にあなたの 影は映らない
道頓堀の 恋は霧の中

ひとりの朝は 寒くて切ない
川の水面に ため息が落ちる
夢でないなら 惨めにもなれて
二度とは 愛せぬでしょう
心焦がれても いくら想っても
この手にあなたの 愛は戻らない
道頓堀の 恋はこんなもの

小指いじめても あなた怨んでも
鏡にあなたの 愛は映らない
道頓堀の 恋はそんなもの

Re: 道頓堀 - ぺーです!(^^)!   2020/10/04(Sun) 23:41 No.5114
付曲中です。

画像認証の数字が見づらい!!
作詞コーナーは数字が8桁
特に689が見にくいでーす!!
Re: 道頓堀 - sai   2020/10/05(Mon) 02:24 No.5115
すみませんねえ(^◇^;) 見にくいのでスパム嵐を避けられていますので、我慢してやって下さいませ。
ちなみに、私は画面表示を150%に拡大して閲覧しております〜。
それとも、掲示板をレンタルにしましょうか?
陽だまり  投稿者:R−TAKE 投稿日:2020/09/26(Sat) 23:00 No.5102 返信

・今日カーラジから 守屋浩の(僕はナイチチだったか?)が流れていた、でも非常に新鮮な感じがした。似た様なのを書いた記憶があり、拙作ですが、懐かしく掲載しました、大意はないです。


陽だまり

小川の岸の 浅瀬の岩に    
極楽トンボよ いい日だね   
トンボ追っかけ 遊んでた   
夕焼け小焼けで 思いだす   
約束げんまんしてたのに    
いつ戻る いつ戻る      
この寒村(むら)に この寒村(むら)に
風の噂幸せと・・・      
いいんだよいいんだよ それで  


菜の花畑 華麗に舞って    
紋白蝶よ いい日だね     
町で綺麗に 成ってくる    
そしたらあなたの お嫁さん  
約束げんまんしてたのに    
いつ戻る いつ戻る      
この寒村(むら)に この寒村(むら)に
風の噂 幸せと・・・     
いいんだよいいんだよ それで 


風の噂 子は二人・・・   
いいんだよいいんだよ それで 
風の噂 幸せと・・・
いいんだよいいんだよ それで 

Re: 陽だまり  - sai   2020/09/27(Sun) 20:41 No.5105
素朴でいいですね。のどかな中に悲しみや切なさがある、一人ぼっちの孤独感も、人を思いやる優しさも。全部詰まってる。
こういう作品はいいですね。とんがってなくてまるい。
古い作品なのかな?曲があるなら歌うのに〜。
Re: 陽だまり  - R−TAKE   2020/09/30(Wed) 18:28 No.5109
saiさんありがとう、もう少し推敲します。
泣かせないでよ宇和島 投稿者:たなかてついち 投稿日:2020/09/20(Sun) 18:43 No.5095 返信

君が幸せ 掴んでくれりゃ
後ろ向かずに 済むと言う
別れ間際の あの優しさも
桜を散らした 雨の中
伊予の宇和島 お城山
泣かせないでよ これ以上

君の誕生石(いし)だと 真珠の珠を
そっと渡してくれた人
真珠筏に 陽炎燃えて
面影揺らして 胸焦がす
恋の宇和島 夢奪い
泣かせないでよ これ以上

遊子は天まで 段々畑
愛も重ねりゃ 添えたかも
絆千切って 連絡船が
船尾(せんび)に尾を引き 返す波
港宇和島 潮の風
泣かせないでよ これ以上

想定歌手 川中美幸

Re: 泣かせないでよ宇和島 - R−TAKE   2020/09/21(Mon) 10:29 No.5098
ご無沙汰です。
真珠養殖ー「宇和島」も盛んなのをよくご存じで、そちらの出ですか?
小六の頃(南伊勢町五ケ所ー真珠養殖増えすぎた為)新しい真珠養殖の場として「宇和島」に、私の友人二人の家族が転住していった寂しい思い出があります。
Re: 泣かせないでよ宇和島 - sai   2020/09/25(Fri) 21:55 No.5099
そうなんですか、宇和島の真珠、知りませんでした。
宇和島と言えば、美味しい蒲鉾しか思い浮かばなくて・・・^^;

作品ですが、さすがベテランさんですね、さらりと書いてくださる。欲を言えば、最後の「これ以上」を、わたしだったらやめておきます。どっちかというと、泣かせないでよ、で終わりたい。
Re: 泣かせないでよ宇和島 - たなかてついち   2020/09/27(Sun) 20:13 No.5103
中学の時まで宇和島市須賀通りにすんでいました。日活映画「南海の狼火」小林旭のロケ地です。
Re: 泣かせないでよ宇和島 - ぺーです!(^^)!   2020/09/27(Sun) 22:44 No.5107
付曲してみました♪
花珠 投稿者:R−TAKE 投稿日:2020/09/21(Mon) 10:18 No.5097 返信

・推敲中なので符曲希望しません

花珠(はなだま)

1.
船酔いひどい この俺は
漁師あきらめ 珠(たま)作り
今はまだまだ ハネ珠(だま)だけど   ;ハネ珠=不良真珠
娘が嫁いで 行くまでに
俺が目指すは 俺が目指すは
花珠真珠 大玉だ

2.
さかなも獲らぬ 陸(おか)仕事     
竹馬仲間が からかうが
いつか匠と 云われるように
愛するふるさと 伊勢志摩で
負けてたまるか 負けてたまるか
女房と二人 意地をはる

3.
朝日の中に 賢島(しま)浮かび
真珠筏の 志摩の湾
梅雨(つゆ)の赤潮(あかしお) 試練もあるが
女房が取り出す 花珠に
嫁ぐ娘の 嫁ぐ娘の
胸元飾る 夢をみる

Re: 花珠 - sai   2020/09/25(Fri) 22:05 No.5100
推敲中で付曲希望なしでここにのせる、ということはコメントしていいのですかね?^^;

一節、導入部一二行、言い訳じみていて好感が持てません。しかも船酔いひどいって、あんまり想像したくない情景だし。漁師にゃなれない この俺だけど 真珠にかけたこの命って感じの内容のほうが入りやすいと思います。
三節、賢島(しま)と志摩(しま)耳から聞くとわけがわからん。意味の違いも通じません。漢字に頼らず、わかりやすい言葉で表現してみてはどうでしょうか。
Re: 花珠 - R−TAKE   2020/09/26(Sat) 22:42 No.5101
う〜ん最初はそうゆう感じだったんだけど、それでは「イケイケ」だけになっちゃうんだよ。酒に酔ってゲロするのは自分の問題だから・・・蹴とばされるかもしれないが、船酔いとは別もんだよねー私の同級生は70%は遠洋漁業の船乗りになった、船酔いひどい人はなれなかった。これは遺伝するからね、親はここ(漁村)ではだめで町に出すしか・・・これは実話そうゆうハンデイを持った人の人生を描きたかった、saiさんみたいに感じる人も何パーセントかいるだろうね、エニシダをオニシダと勘違いするひともいるからね、志摩はご指摘のとうり、全然きずかなかった、おっしゃるとうりです、ありがとう。
Re: 花珠 - sai   2020/09/27(Sun) 20:35 No.5104
takeさん、エニシダをオニシダと勘違いしたんですか??ぷぷぷ^^面白いですね。なんじゃろか?でしょうね。

えっと、「イケイケ」だけにしないために三行目四行目があり、二節三節があるんですよ。切ない実話があるならなおさら、大事に表現してあげたらいいのになあと思います。大っぴらに見せるばかりじゃなくて、ね^^
女子はヤン衆の篝火よ 投稿者:たなかてついち 投稿日:2020/09/20(Sun) 18:59 No.5096 返信

空が哭く 海が哭く
冬は辛いと カモメ哭く
私ゃあんたの 面影を
一人寝布団で 恋しがる
北の大地の 片隅で
出稼ぎヤン衆の 帰り待つ

燈台の 灯が走る
船はまだかと 暗い海
私ゃあんたを 奪うのは
嵐の海だと 怯えてる
凍る網梳き 女子衆は
出稼ぎヤン衆の 無事祈る

大漁旗 帰り船
波止で待ちわび 焚火する
私ゃあんたの 冷えた胸
お酒と身体で 温める
北の女子の 柔肌は
出稼ぎヤン衆の 篝火よ

< 12345678910>
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++