187807

作詩投稿コーナー


| トップに戻る | 新規投稿 | スレッド表示 | トピック表示 | アルバム | 留意事項 | ワード検索 | 過去ログ | 管理用 |
志摩の益荒男 投稿者:R−TAKE 投稿日:2021/03/08(Mon) 01:08 No.5197 返信


・コンペ用なので符曲は希望しません

志摩の益荒男(ますらお)

1)
潮の雨降る 春先は
鰹のなぶらを 探して廻る
漁師冥利よ 一本釣りは
刹那刹那に 心が躍る
海の神 龍神さん
志摩の益荒男 こころ意気

2)
景気づけにと 酒をのみゃ
お猪口で一杯 青息吐息
けれど沖出て 漁場に着けば
海の釣り技 天下一
海の神 龍神さん
俺の勝負は 海の上

3)
時化(しけ)の海でも 見得を切り
しぶきの華から あの娘に笑顔
親父形見の カッパをつけりゃ
粋な小政の あの旅姿      
海の神 龍神さん
志摩の益荒男 男伊達

改稿ー花珠 投稿者:R−TAKE 投稿日:2021/03/08(Mon) 01:03 No.5196 返信

・コンペ用なので符曲は希望しません

花珠

1.
漁師がマグロ めざすなら
俺は真珠で 花珠だ
おやじ形見の 養殖真珠
俺が継がいで 誰がやる
どうせやるなら 御木本翁(おきな)のように
俺が目指すは 俺が目指すは
胸元飾る 花珠だ

2.
さかなも獲らぬ 陸(おか)仕事     
けんか仲間が 馬鹿にする
今はまだまだ ハネ珠(だま)だけど   ;ハネ珠=不良真珠
石の上にも 三年だ
俺のふるさと この伊勢志摩で
今に見ておれ 今に見ておれ 
女房と二人 意地をはる

3.
朝日の中に かもめ舞い
真珠筏の 志摩の湾
梅雨(つゆ)の赤潮(あかしお) 夏は水温(すいおん)
神の試練は 厳しいが
女房取り出す 花珠真珠
嫁ぐ娘の 嫁ぐ娘の
胸元飾る 夢をみる

ナ・イ・ショ 投稿者:tetuicci tanaka 投稿日:2021/02/21(Sun) 14:36 No.5191 返信

指で包んだ グラスの底に
忘れてないよと 面影うつす
物腰いつでも やわらかな
あなたがしずかに 飲むすがた
私はうっとり 見惚れてた
好きだと言えない ナ。イ。ショの おとこ

琥珀色した バーボン注いで
指し出す指さえ あがって照れる
寝食ともにと 望んだら
誰かを泣かせる 羽目になる
あなたの幸せ 思うなら
ならぬはならぬと ナ・イ・ショに してた

秋がきたねと 襟足触れる
あなたの声さえ 夜風に変わる
グラスを傾け 面影に
そうねと私は 涙声
愛するかたちは ままあるが
誰にも秘密で オ・ワ。ッた はなし


今月末に引っ越すことになりました。次の住居はケーブルが
通っておりませんので、PCのネットはつなげません。
何とかしたいと考えておりますが、暫くお休みさせて頂きま
す。 またお逢い出来るように努力いたしますので、宜しく
お願い致します。  たなか

Re: ナ・イ・ショ - sai   2021/02/21(Sun) 14:42 No.5192
そうですか。お元気でいてください。
ネットはPCじゃなくとも、スマホでもできますから、いつでも覗きに来てくださいね^^
Re: ナ・イ・ショ -  黒井 大翔    2021/02/23(Tue) 20:34 No.5193
しばらくぶりでお邪魔しました。
強風に惑わされず、また田中哲一さんで復帰して欲しいですね。
先ずはご健勝とご活躍をお祈りいたします。
Re: ナ・イ・ショ - 高木雄太   2021/02/28(Sun) 11:02 No.5195
そうですか〜引っ越しですか・・・
田中さんとは神戸、淡路島の集まりの時にお会いしましたね。
あれから・・・何年経たんでしょうか?神戸のホテルで別れ際に
お話したことをおぼえています。いい作品を沢山有難うございました、また、いつの日にか・・・ですね。
あなたが欲しい  投稿者:徳田 勝行 投稿日:2021/02/23(Tue) 22:02 No.5194 返信

あなたが欲しい   詞:徳田勝行

おんな一人を 置き去りにして
目指すあの世は 花の海
可哀そうだと 思うなら
姿見せてよ わたしには
いつも二人で 見つめ合い
笑いあっては くちづけた
いまでもあなたを 忘れない
愛を支えに 生きてゆく

おんな一人が さ迷いながら
生きるこの世は 冬の海
辛い時には ぬくもりに
抱かれたいのよ あなたには
あすを二人で 生きようと
肌を合わせて 燃えていた
このままわたしに いつまでも
夢を見させて 欲しかった

いつかわたしが 逝くときは
きっと迎えに 来てよねと
微笑み浮かべて 手を握る
いまもあなたが 欲しいのよ


大好きだった夫が若くして逝きました!
残された妻の気持ち。思いはこんなかな?
と書いてみました。 暗い内容ですから、
メロは明るい感じでほしいですね!
どなたか附曲いただければ嬉しいです。

黒い十字路 投稿者:tetuicci tanaka 投稿日:2021/02/21(Sun) 14:08 No.5190 返信

うつむき歩く あの人に
出逢い頭の 鉢合わせ
気づかぬふりか 気づいていたか
えしゃくも交わさず すれ違う
都会の塵と 人混みが
なだれる駅前 黒い十字路

二つの心 結び合い
夢は一つと かさねてた
ふり向くつもりは なかったけれど
ちらっと目と目は 合っていた
出逢いと別れ くり返す
男と女の 黒い十字路

あんなに燃えた あの恋も
すぎてしまえば 他人顔
忙(せわ)しい世間 立ち止まれない
悲しみ喜び 心さえ
都会の塵に 紛れ込む
いつもと変わらぬ 黒い十字路

幸福(しあわせ)灯り 投稿者:tetuicci tanaka 投稿日:2020/11/22(Sun) 09:48 No.5162 返信

「手直ししてみました。漫才の大助花子がイメージです。

女  将来(さき)の出世に 縁ないけれど
   惚れたあんたと 夫婦の契り
男  陰で励まし 明るく笑う
   泣き言云わぬ 可愛いお前
二人 二人三脚 幸福灯り

女  交わす言葉は 風呂飯寝ると
   今じゃ二言 三言の会話
男  丸いお前の 笑顔を見ると
   嬉しいような 可笑しいような
二人 笑顔優しい 幸福灯り

女  味もなければ 洒落気もないが
   裏も表も 正直男
男  泣いて笑うて 寄り添いあって
   口には出さぬ 感謝の心
二人 持ちつ持たれつ 幸福灯り

Re: 幸福(しあわせ)灯り - ぺーです!(^^)!   2021/02/20(Sat) 04:32 No.5188
付曲してみました♪
作曲コーナーへ!(^^)!
Re: 幸福(しあわせ)灯り - tetuicci tanaka   2021/02/21(Sun) 13:54 No.5189
作詞者 泉 あつこさんです。
灯影 投稿者:tetuicci tanaka 投稿日:2021/02/11(Thu) 12:25 No.5185 返信

こんなに酔ってと ふらつく俺を
小柄な身体で 抱えるおまえ
お酒はほどよく 飲むものですと
半分叱って 半分笑う
灯影に絡む
男と女の 愛の影法師

女房きどりは 早いと言えば
くちびる尖らし 細目で拗ねる
凭(もた)れて気づいた か細い肩に
苦労は報いて やるよと詫びる
灯影に揺れる
男と女の 愛の影法師

心血注いで そこまで俺に
どうして尽くすと おまえに問えば
飲み代(しろ)幸せ あるとき払い
積み立てますよと 愛しい笑顔
灯影に育つ
男と女の 愛の影法師

Re: 灯影 - sai   2021/02/15(Mon) 09:52 No.5186
前出の再考ですね。後二行を中心に変えたようですが、結果としてはタイトルとテーマが合っていないです。この状態なら愛の影法師をタイトルにした方が自然ですね。どちらにしても、各節後二行はとって付けただけのフレーズになっているので、どうせなら心に響く一言を書いた方が良いです。三節、句切りが悪いので二行目で切りましょう。全体を見て、私ならテーマタイトルを「女房気どり」とします。
Re: 灯影 - tetuicci tanaka   2021/02/18(Thu) 16:02 No.5187
「女房気どり」良いタイトルですね。
もう一度じっくり手直ししてみます。有り難うございました。
丑の刻参り 投稿者:布袋福太郎 投稿日:2021/02/04(Thu) 23:58 No.5182 返信

丑の刻参り決定稿1991布袋福太郎(符曲済み)

草木も眠る丑三つ時犬の遠吠え良く響き
村の神社の神木に怪しき者の影ひとつ
夜空の月がやけに赤い流れる雲に見え隠れ
白い衣に身を包み鬼の顔した女がひとり

釘打つ音よ風よ運べ 哀れな女の泣き声を
心を捨てて変わりはてた我は恨みの鬼なのだ
右手に小槌を握りしめ憎い憎いと号泣し
打ち降る的は藁人形この恨み晴らさでおくべきか

信じた男に騙されて弄ばれて捨てられた
愛した分だけ裏切りに心の憎しみ深くなる
紅い涙がポトリ落ちて指でなぞった男の名前
七日七夜の丑の刻女の恨みの恐ろしさ

頭に掲げる蝋燭の 揺らめき妖しく影は踊り
乱れる髪が鮮やかにさらさと流れて闇を舞う
左に五寸の釘を持ち晴らせぬ恨みを打ちつける
何処に逃げよと無駄な事お前の命を貰いにゆきまする

Re: 丑の刻参り - sai   2021/02/08(Mon) 16:16 No.5183
きゃああ〜〜〜怖い〜〜〜(*^▽^*)
Re: 丑の刻参り - 布袋福太郎   2021/02/08(Mon) 17:38 No.5184
若い頃は呪いの歌も気にせず作っていたけど、今となっては
余りいいテーマでないと反省、これ多分売れませんよね〜
それとsaiお姉さまいつもコメント有り難うございます、感謝
埼 玉 の 人 投稿者:黒井 大翔 投稿日:2021/01/29(Fri) 23:28 No.5180 返信


夏がじわりと 肌湿らせる
夜更け 初恋 真夏の花火
逃げないで 立ち止まってよ
白百合の花
なんてなんて 愛しい
埼玉の人

心じりじり 胸締めつける
恋路 遠吠え 月夜の獣(けもの)
泣かないで 振り返ってよ
赤ずきん
なんてなんて 可愛い
埼玉の人

涙ぽろぽろ 頬傷つける
振られ 失恋 いつもの芝居
捨てないで もて遊んでよ
薔薇の刺(とげ)
なんてなんて 冷たい
埼玉の人

酔って 投稿者:浅野 投稿日:2020/12/14(Mon) 14:58 No.5169 返信

指導いただき書き直しました。


酔って悪いかなぁ〜酒よ

きれい 好きだと 言ってはないが
お前に だけは わかって欲しい
あいつも 知ってた 気がするが
無口な 俺の 惚れ方だった
人生 かけても 愛し抜き
幸せ だったと 言わせたかった
酔って 悪いか なぁ〜酒よ


世間 見渡しゃ 見栄えのはえた
俺より ましな 男はいたさ
そいつは わかって いたんだが
譲れぬ ことも この世にあるさ
子供も ようやく 巣立ったし
二人の 時間を 過ごしたかった
酔って 悪いか なぁ〜酒よ


なんの 気なしに 見つめてみれば
恥じらう ような やさしい瞳
逝っては いいとは 言わぬうち
きれいな 笑顔 残して去った
魂 抜かれた 思いだが
今でも あいつを 抱きしめている
酔って 悪いか なぁ〜酒よ

Re: 酔って - sai   2020/12/22(Tue) 10:34 No.5170
一節の、お前、あいつ、俺、が整理されていないので、これを推敲とは言いません。人称は2つまでにしてください。また、主人公が酔って悪いか、といいたい理由が一節でわかるようにお話を進めましょう。言い訳ばかり長々と書いても、聞く人の耳は捕まえられません。最終行だけを残して、前六行は四行まで減らしてみて下さい。それを推敲といいます。
あと、三節の頭、字足が違ってます。なんの、気なしに、は変でしょう?なんの気 なしに、と切るのが正。
Re: 酔って - 浅野   2020/12/28(Mon) 09:45 No.5176
saiさん 何度もお手数をおかけします。有難うございます。

酔って 悪いか な〜酒よ

きれい 好きだと 言ってはないが
あいつも 知ってた 気がしていたよ
無口な 男の 惚れ方で
幸せ だったと 言わせたかった
酔って 悪いか な〜酒よ


世間 見渡しゃ あいつに見合う
俺より ましな 男はいたさ
けれども 誰にも 渡せぬと
今では さみしさ 流れるままに
酔って 悪いか な〜酒よ


逝って いいとは 言わないうちに
きれいな 笑顔を 残して去った
魂 抜かれた 思いだが
今でも 心に 抱きしめている
酔って 悪いか な〜酒よ
Re: 酔って - sai   2021/01/22(Fri) 22:08 No.5179
浅野さん、各節前半を四行にしてみてどうですか?すっきりはしましたが、箇条書きの文章を並べたような感じがしませんか?それは、各行の心情的なつながりがないからです。つまり、言いたいことは残りましたが、物語の筋に沿った感情がないってことです。それを今度は気持ちをつなげて詩的表現に変えると良いです。また、一節よりも三節のほうが、話の内容、どういう状況であるかがわかりやすいと思いませんか?それならば、三節を一節にして、そこから改めて書き始めると良いです。
各節四行をつながりに気を付けて書き上げたら、今度は五行目に最終行につなげるサビの一行を入れます。たとえば、
逝っていいとは 言わないうちに
きれいな笑顔を 残して去った
あいつを心に 抱きしめながら
過ぎた幸せ 数える夜更け
なみだ ほろほろ ぐいと呑む
酔って悪いか なあ 酒よ

とこんな感じで。苦しんで悩んで推敲して、ひとつまたひとつと書き上げるたびに、筆力がついて行きます。
12345678910>
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++