[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
宵山ー京都・おいないなー 投稿者:かんじん 投稿日:2020/11/10(Tue) 10:59 No.2478

【去年のお話で恐縮ですが、お邪魔いたします。】

テーマソング
「宵山ー京都・おいないなー」(作詞:かんじん 作曲:佐谷戸一)
https://www.youtube.com/watch?v=yrYicdnnLF4
(BGMとしてお聴きいただければ幸いです↑)






それは新大阪16:45発の新幹線「のぞみ」の車内でのこと。
難波での打ち合わせを終えて、東京までに書類をまとめようとPCを立ち上げたのだが・・・
なぜか誤作動、ポップアップを繰り返すMYPC。

しかし、PCの誤作動画面にざわめくマイハート。
それはインビテーション的(魅力・誘惑的)なワードが連発だからという理由にありなのだが、
そのワードのバックに壁紙のように現れたイラストの吹き出しに身を委ねてみるのも悪くないとの
淡い想いが強かったように覚えている。

 時刻通りに新大阪を出発する新幹線。

たまにしかない関西出張の帰り。そして予定フリーの明日からの一週間。
誘いに乗らなきゃ男じゃない!

急いで画面に繰り返されるワードをメモに残し、ジャケットの胸ポケットにしまい込むと同時に、
新幹線の車内アナウンスは「まもなく京都に到着します」と告げた。

PCの誤作動は美しいレディとの出逢いを求めて旅を続ける旅人(僕)の心を映し出したのだろうか?
それともディスティニーの道標か?

そんなことは今はどうでもよく、そんなことより、

 メモした内容は次の通りである。

「飲み・・・いくわよ

いよいよ宵宵山・宵山の日が近づいてきました。
私は鉾内(ほこない)を見物できるブースにいますから・・

紺に黄色の花柄の浴衣に黄色の帯を締め、
帯の後ろに丸団扇を指し、
髪には紫陽花の花かんざし、
172cmの長身ですぐ判るはず・・

声をかけてくれたら雅な微笑み返しで虜にしますから。」

・・・・こんな優美なお誘いに僕のハートは踊っていた。

つづく

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++