[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
晩夏、その決心を  投稿者:かんじん 投稿日:2020/08/26(Wed) 09:52 No.2372

お邪魔(1曲投稿(ユーチューブ))させていただきます。
勝手ながらこの時期(季節)になると出したくなる曲です。
(この特別な年にも夏が来て、そしていつものように夏が終わる)

https://www.youtube.com/watch?v=f9mWDu3Nb9E








晩夏を奏でる 陽射しのしおり
(波変え 花変え まなざしを変え)
指先導く 涙の線は
(愛終え 今終え ためらいを終え)

揺れて 揺れて 揺れて 揺れて・・
揺れて決めた その決心を

海が 砂が 空が 雲が
手を広げたように 彩った

言葉にしなくていいから
そう 言葉にしなくていいから
無理した笑顔を まだ夏の陽が
眩しく 遮り 二人の場所を 分けた


別れを奏でる 海沿いの町
(過去とし 夢とし 君は凛とし)
動かぬ横顔 輝きを戻し
(ベル待つ 時待つ 旅立ちを待つ)

泣いて 泣いて 泣いて 泣いて・・
泣いて閉じた 二人の場面

海が 砂が 空が 雲が
手を振ったように 見送った

振り返らなくていいから
そう 振り返らなくていいから
無理した笑顔に 波音かぶり
途絶えぬ音色で 最後の涙を 止めた


ふたり 互い 未来 違う
人のそばで 笑い会う時

海が 砂が 空が 雲が
「祝福しよう」と 微笑んだ

かけがえのない人だけど
もう 帰らない もうそれでいい
無理した心に まだ夏の陽が
伸ばす手届かぬ 時が来たことを 告げた
 

Re: 晩夏、その決心を  - 黒井 大翔   2020/08/26(Wed) 20:53 No.2373
最後まで聴かせて頂きました。通常はだいたい一番しか聴かない僕ですがー。
詩も曲も煌めいていて素敵な歌ですね。
イントロも、これから始まるドラマの予感めいて、心を捉えます。
こういう曲は大好きです。
Re: 晩夏、その決心を  - sai   2020/08/28(Fri) 20:44 No.2375
これは、テクノぽいね。80年代にこんな感じをよく聴いた気がする。
雰囲気が第一になってて、心情がその次に揺ら揺らついてきて、聴いて居てムリがないですね。
この作曲者の他の曲も聴いてみたいです。
Re: 晩夏、その決心を  - かんじん   2020/08/29(Sat) 09:19 No.2376
黒井さん、
最っ高ぉーに嬉しいコメントをありがとうございます。
歌で3分(実際は6分以上^^)のドラマが作れたかな!と思っちゃっいました〜!
saiさん、
「聴いて居てムリがない」っていうコメントは超嬉しいです、ありがとうございます。
この作曲者・ぽあろさんと作った楽曲はあと2曲あるのですが、ひとつは純粋なラブソング、もうひとつは不埒なラブソング(怒られるやつ)です。
調子に乗って怒られるやつの投稿を考えましたが躊躇しています^^(絶対怒られるから、あはは)
Re: 晩夏、その決心を  - sai   2020/08/29(Sat) 10:23 No.2377
わたしは今までさんざん不埒なラブソングを書いてきて飽き飽きしてるので、純粋なヤツを聞いて、心の洗濯をしたいです^^
Saiちゃんへ - 福島瑠山   2020/08/29(Sat) 16:17 No.2378
お願いがあります。先日まで扉を飾った{「女が雨に濡れるとき」作詩 福島瑠山 作編曲 橘一平 歌唱 Sammy}を小生のPCに送って頂きたいのですが。DVDに録画して、歌のモデルとなった「浅草の女」(もはや高齢)に届けたく存じますので・・よろしくお願いします。オリジナル雄太さんの歌はCDに収録して、一緒に届けたく存じます。皆さん、よろしくご了承ください。

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++