[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
北海道04 投稿者:サイト管理人 投稿日:2020/03/31(Tue) 20:41 No.2184

・長津さんから北海道便り4月号が届きました。

(1)

以前ロボット歌唱により公開してあった「♪赤い糸の行方」ですが、
作詞された上原多美恵さんから希望がありまして、この私が歌わせていただくこと
になりました。どうぞお聴きくださいませませ。

上原多美恵さんは私(ながつ)の古い友人で、この作品は去年彼女が
人生で初めて書いたものです。

この作品は実在するある夫婦がモチーフになっています。
************************************
幼いときに出会った二人はいくつかの局面を乗り越え互いに惹かれ合って結婚。
ところが夫は70歳のときに「脳卒中」で半身不随となり、さらには「失語症」にも。

自分はもう治る見込みがなく、このままでは妻を幸せにすることなどできないと思い
妻に「離婚」を申し出ましたが彼女に強く叱られました。

その後、ながくつらい「リハビリ期間」を経て、なんとか杖で歩けるようになりました。
言葉に不自由はありますがお話も少しだけできるようになりました。
*************************************
♪赤い糸の行方
作詞 上原多美恵(北海道・札幌市)
歌&曲 長津久和(北海道・栗山町)
https://www.youtube.com/watch?v=XemLka1x_FE&fbclid=IwAR0vJVj1Z12hBSsSemC0AG-bYgnsdZX9bKmBhQrv1HBrBKeTtTbHVkGcEhs

・歌手;長津一天(久和)さんのデビュー曲ですね、歌に心をいれるから、私も(R-TAKE)長津さんの歌唱好きです、いい感じです。

・又上原さんからもメールいただきました。

=================================================

RーTAKE様 初めまして。 「赤い糸の行方」と「二番線の別れ」をお聴きくださり、
心に残る感想を頂きまして、有難うございました。

初心者の散文のような詩に、長津さんに曲をつけていただき、歌になったことでも自分自身が驚いております。 お察し頂いたように、実話の一瞬の感動を断片にして
物語にする詩作りしかできません。 このような詩に気を留めてくださって光栄です。
どうぞお身体に気をつけてお過ごし下さい。

上原多美恵

Re: - サイト管理人   2020/03/31(Tue) 20:43 No.2185
(2)
恒例の(?)今日子さんとのデュエットソングです。^^

♪逢えるじゃないかまたあした
https://www.youtube.com/watch?v=QuoFRGhennU&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1EyxiU4C--61jeDSeTZoHa6287bZ-JL7smO2sVRJ-5mJuvMILCWIRspC8

・こうゆうのはネットラブソングと言うんですかね、裕次郎が長津、美幸が今日子に見えてみて、いい感じですね、ご馳走様。
北海道04 - 高木雄太   2020/04/01(Wed) 11:23 No.2186
「赤い糸の行方」聞かせていただきました。
やっぱり長津さんは歌うべき人ですね。
天性の低音が聞く人の心に心地よく響いてきます。
私は個人的には作詞も作曲も「好き」ですが、唄うことがいちばん「好き」ですね。
Re: - ながつ   2020/04/01(Wed) 20:00 No.2187
TAKEさん、いつもありがとうございます!
私の歌唱を気に入ってくださりとても嬉しく存じます。
上原多美恵さんご自身からの歌唱依頼だったものですから
思い切って冒険してみたのですが、その甲斐がありました。

あはは。「長津一天」というのは「一天の星」に由来して
いるのですね?ユニークな命名をありがとうございます。

音楽活動はこのまま「長津久和」でいきたいと思いますが、
もしも将来、奇術師とか講談師としてデビューするようなことがありましたら、ぜひこの「長津一天」を使わせていただきますね。^^v

「ネットラブソング」というのも面白いネーミングですね。
TAKEさんと恵子さんの「夕日の丘」も楽しみにしています。

今日子さんと私は互いに遠隔地での「リモートデュエット」ですが、TAKEさんと恵子さんのは「リアルデュエット」になりますね。

雄太さんからもお褒めの言葉をいただき喜んでおります。
「聞く人の心に心地よく響く」などと言われたのは、人生で初めてです。^^v

はい、雄太さんは作詞、作曲、歌唱のどの分野でも超一流ですよね。あと、楽器の演奏も半端ないですし。
それもピアノやギターだけじゃなく、他にも色々な楽器を巧みに操る方だとお聞きしております。

音楽とは関係ありませんが、地元栗山町に渡って来るハクチョウたちの姿を貼り付けてみました。

北海道04 - 高木雄太   2020/04/02(Thu) 09:55 No.2188
すごいですね〜すごい数ですね〜これみんな白鳥なんですよね〜
動物園じゃないんですよね〜北海道自然公園だね〜
ハクチョウ - ながつ   2020/04/03(Fri) 11:25 No.2190
雄太さんが強い興味を示してくださったので、簡単ですが「ハクチョウ」のYouTube動画を作ってみました。^^v

https://youtu.be/lXZtr4LmCC0
北海道 - 高木雄太   2020/04/03(Fri) 11:53 No.2191
動画見ました・・町の人はお弁当を持って見物に行くのですか?
餌をやってはいけないのですか?白鳥がびっくりするから静かにしてなくては
いけないのですか?見に行ってはいけないのですか?毎年やってくるのですか?
これは特別珍しいことですか。日常茶飯事の事で栗山の人は
誰も見に行かないのですか?鳥に病気をうつすといけないから
触ってはいけないのですか?触れるほど慣れてはいないのですか?
解説です - ながつ   2020/04/03(Fri) 16:44 No.2192
私の家から車で5〜10分ほど走った道路沿いの田んぼの中で泥んこになりながら落穂を食べている姿を見ることができます。

私のように近くに車をとめて撮影したりする人はいますが、「弁当持ち」で見に来る人はいません。

餌をやるといった発想をとる人もほとんどいないかと。
何せ田んぼの中ですから、ヘンなモノはあげない方がイイですし、何か餌を投げ込んだりしたらきっとビックリして飛び立ってしまうと思います。

あと、大きな音をたてたり急に近づいたりすると逃げてしまいます。

ゆっくり近づくと安全な距離(7〜8メートル)を保ちながら
お尻をフリフリしつつ歩いて遠ざかろうとします。ですから触ることはできません。

毎年だいたい同じような時期に飛来しますので、この地域の住む人々にとっては特別珍しいことではありません。

朝夕、編隊をなしたりして「ヒャーヒャー」とどこか物悲しげな泣き声を響かせながら飛んでいくのが見られます。

朝はよく私はベッドに上で見聞きします。

あっ、そうそう、先日、夕張川の中州みたいなところで数十羽のハクチョウたちがたむろしているのに遭遇しました。辺りが靄(もや)で煙っていたので、ハクチョウたちに大声できいてみました。

「お〜い、おマエたち、そこでタバコでも吸ってるんか〜い!?」って。

すると、その中の一番元気そうなヤツが答えてくれました。

「オレたちハクチョウはそんなものはスワン!」って。

え〜、おあとがよろしいようで。^^

PS
雄太さんの疑問にだいたいお答えすることができたでしょうか?
北海道 - 高木雄太   2020/04/03(Fri) 18:23 No.2193
目を閉じると頭の中を、沢山の白鳥が「ヒャーヒャー」と飛んで
いきます。きっと今夜の私は白鳥の群れの中に居ます、バックミュージックは
「白鳥の湖」か「トゥオネラの白鳥」、有難うございました。

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++