[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
移動しました。 投稿者:サイト管理人 投稿日:2021/04/07(Wed) 23:42 No.3500

宝塚よ永遠なれ 投稿者:福島瑠山 投稿日:2021/03/31(Wed) 13:57 No.1880 返信
「宝塚よ永遠なれ」
作詞福島瑠山
作曲:編曲岡のぼる
歌唱:夕涼美

春よ春よわたしの春あなたの春
若草は萌え小鳥は歌う
白いすみれ咲き愛を告げる
初めての恋それは宝塚
ああラインダンスの宝塚
さあ歌いましょう
すみれの花咲く頃を

春よ春よわたしの春あなたの春
霞たなびき花びらは舞う
ピンクのすみれ咲き恋は実る
甘い口づけそれは宝塚
ああグランドオペラの宝塚
さあ歌いましょう
すみれの花が咲く頃を

春よ春よわたしの春あなたの春
恋人たちは野山に集う
紫のすみれ咲き愛を誓う
永久の思い出それは宝塚
ああベルバラの宝塚
さあ歌いましょう
すみれの花が咲く頃を

(注)今や「宝塚」のシンボルソング「すみれの花さく頃」の原曲が1928年にドイツで創られた。
ドイツで流行すると、早速その後パリのレビュー劇場でフランス語に翻訳されて上演された。この歌がドイツ生まれとは最近まで知らなかった。(昔よく歌った)作詞はフリッツロッター(FritzRotter)作曲はフランッドール(FranzDoelle)当時ヨーロッパに滞在中の白井鉄造がそれを観て帰国、すぐに宝塚公演「パリゼット」のなかで「すみれの花さく頃」のタイトルで紹介した、という。
日本では「リラ」「ライラック」とよばれるFliederはドイツの春から初夏にかけて咲く。
色は紫、ピンク、白など。原題:「WennderweisseFliederwiederblueht」

添付: (4156132 Bytes)

Re: 宝塚よ永遠なれ - 福島瑠山 2021/03/31(Wed) 15:40 No.1881
saiちゃん、雄太さんすべては懐かしく愛らしいね。お二人のコメント有難う!
いい時代に生きたよ、父を戦死で亡くし、母は乳飲み子を抱えて苦労したが、我々の世代は高度成長期、がむしゃらに働かされたが、それでもいい時代だったね。みんなが輝いていたよ。ここにミントさんが歌ってくれた歌を披露します。春本番につき・・

添付: (4156132 Bytes)

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++