[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
癒しの旅の指定席 投稿者:R−TAKE 投稿日:2020/09/27(Sun) 14:08 No.3325

「半分愛して」のカップリング曲です。

・「癒しの旅の指定席」 作詞;竹内良、作曲;高木雄太
  歌唱;甲一郎

1)
赤い涙を水面(みなも)に浮かべ 夕陽が静かに沈んでく
じっと見つめる横顔(よこがお)が かたくな心を映(うつ)してる
女は西から来たと言う
癒しの旅に来たと言う
リアスの恵(めぐ)みこの海は 大きな愛が優しくて
志摩を見下ろすこのテラス 癒しの旅の指定席

2)
秋の天気は移(うつ)り気はやく 真珠の湾には志摩しぐれ
セピア色した島影(しまかげ)が かたくな心を溶かしてる
女は紅茶を飲みほした 
癒しの旅はもう終わり
小さな愛のほころびを 大きな愛が包んでく
別れ潮どきこのテラス 癒しの旅の指定席
癒しの旅の指定席

添付: (7402996 Bytes)

Re: 癒しの旅の指定席 - sai   2020/09/27(Sun) 20:04 No.3328
いい声ですね。なれてる感じします。
歌として聞いていて、「かたくな」の意味が分かりませんでした。「かたくなな」の間違いかとも思いましたが、メロディからするとそうでもないようで、意味がよくわからないです。

前半いい感じで、雰囲気よく浸っておりました。が、後半二行の上句のメロディが、どうにも違和感があって・・・なんでじゃろ〜〜と、ちょっとなやんじゃいました。すみません。
転調してるのか?メロがガラッと変わりますよね? その効果があまり出ていないというか、ひっかかりました。歌い慣れてくるとよくなるんですかね〜。
Re: 癒しの旅の指定席 - R−TAKE   2020/09/27(Sun) 23:47 No.3331
雄太さん昨日はご苦労さんでした。
3〜4行目はここだけ転調を期待して書きました、期待どうりでした、私は大変気にいり、完成後私も、恵子もうたわせていただきます。saiさん頑な(かたくな)形容動詞でしたね。かたくな・心 わかると思いますが、歌詞だからわかればいいか・・・(わからない人もいるか?・・・)
Re: 癒しの旅の指定席 - 高木雄太   2020/09/28(Mon) 07:26 No.3333
saiちゃんコメント有難うございます。
わたしは目立ちたがり屋なのか?ついついキーの転調とか
マイナーからメジャーへの転調とかをやりすぎる癖があります。
そのために折角の詞の本来の意味を壊してしまうことがあります。
今後の私の課題にしてまいります、有難うございました。
Re: 癒しの旅の指定席 - sai   2020/09/28(Mon) 20:59 No.3334
しつこくてすみません。
かたくな、は確かに形容動詞なんですが、わかるわからないではなく、その使い方が間違っているのではないかという話なのです。こういう使い方を私が知らないだけなのかと思い、一応辞書で調べましたが、かたくな、に名詞が続く場合は、かたくな「な」○○、この場合だと、かたくなな心、というのが正しい日本語です。また動詞が続く場合は、かたくな「に」○○する、というように変わります。これが形容動詞です。
にもかかわらず、あえて、間違った文法でかたくな心と使う理由が分からないという話です。特に字足を揃える必要やメロディに無理に入れる必要もなさそうですし、直したほうがいいのではないかと思いますが、大きなお世話でしたらごめんなさい。
Re: 癒しの旅の指定席 - R−TAKE   2020/09/29(Tue) 00:36 No.3335
ちょっとしつこくて皆に迷惑だけど、大事なことなので、「賢島」=しまとは読まないよね、コレだめ=正しくはこれはダメだよね、「半分愛して」文法的にはおかしくない?、「かたくなな心」ー歌いぬくいよね、舌を噛みそう、かといって「頑固な心」も歌詞として野暮ったいよね。深い意味がないなくただそれだけで「かたくな心」にしただけです。2〜3人に聞いてみたけどわかってくれたけどね。
Re: 癒しの旅の指定席 - R−TAKE   2020/09/29(Tue) 01:06 No.3336
曲についても、私の感想は、おせいじ抜きで、さすが雄太さんだな〜、良い悪いは別にして詞の3〜4行は転調を要求しています。AーB−A’又はAーB−C又はAーC−Dを想定してかいてるので、私は気にいっていますが、この詞に転調が合わないのなら詞がダメということだよね。

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++