169452

お披露目


| トップに戻る | 新規投稿 | スレッド表示 | トピック表示 | アルバム | 留意事項 | ワード検索 | 過去ログ | 管理用 |
幸せねだり 投稿者:ぺーです。 投稿日:2019/03/20(Wed) 19:53 No.2998 返信

   幸せねだり
     作詞 田中 菜穂子
     作曲 橘 一平
      歌 たなか なつみ

あなたの傍に いるだけで
安らぐんです 不思議です
ストーブみたいな 背中にそっと
寄りかかったら 涙をふくわ
いつもごめんね 泣いててごめん
優しさありがと 聞こえるように
窓辺の雪見て つぶやいて
今日はポカポカ 幸せねだり

あなたに話す それだけで
ワインが少し 甘くなる
チクチク胸さす 出来事聞いて
くれる夜更けの 笑顔が好きよ
いつもごめんね 聞き役ばかり
優しさありがと 酔ってるふりで
甘えて良いでしょ もう少し
今夜ホロホロ 幸せねだり

いつもごめんね わがままばかり
あなたを困らす 私だけれど
背中のぬくもり 欲しくって
今日もポカポカ 幸せねだり 
幸せねだり

添付: (3659231 Bytes)

愛のアルペジオ 投稿者:ぺーです。 投稿日:2019/03/20(Wed) 19:12 No.2997 返信

お久し振りです。とわの香織さんの魅力いっぱいの
歌声でお聴きください!(^^)!

     愛のアルペジオ
        作詞:黒井 大翔
        作曲:橘 一平
         歌:とわの香織

しなやかな指 心つま弾く
あなたの吐息 愛のアルペジオ
見させて胸に 雨降る夜は
月の光も 色あせる
くちづけ甘い 抱擁で

たおやかな色 胸に染み込む
ワインを添えて 愛のアルペジオ
酔わせて胸が 波うつ夜は
爪のラメさえ 滲むよな
とろけるような 抱擁で

さみしげな目で わたし見つめて
別れを告げる 愛のアルペジオ
あなたが帰る フェリーの港
霧で閉ざして ゆかせない
涙に咽ぶ 抱擁で

添付: (3862993 Bytes)

冬ぼたん 投稿者:ぺーです。 投稿日:2019/03/20(Wed) 18:54 No.2996 返信

新藤さん聴いてくれてますか?
Sammyさんのオリジナル第2弾に
冬ぼたんを選ばせていただきました。
よろしくお願いします!(^^)!

     冬ぼたん        
       作詞:新藤和美
       作曲:橘 一平
        歌:Sammy

1 夜のとばりに   赤提灯が
  霙まじりに    揺れている
  人の温もり  恋しくて 恋しくて
  暖簾くぐれば  人の情けに
  赤く燃えてる  恋の花
  命短い     冬ぼたん

2 別れ惜しんだ  あの夜の契り
  あなた今頃   何処の街
  ずっと一緒と 信じてた 信じてた
  湯気にまかれた 迷い花
  忍ぶ未練の   流行歌(はやりうた)
  はらりひとひら  冬ぼたん

3 ネオン灯りが  瞼に霞み
  風が冷たく   肌をさす
  濡れた瞳が  痛むほど 痛むほど
  愛は遥かに  流れて消える
  夢のひとつを  嘆くより
  咲いて女の   冬ぼたん

添付: (5267331 Bytes)

三作まで 投稿者:管理者 投稿日:2019/03/16(Sat) 10:04 No.2995 返信

投稿ありがとうございます。
連続投稿は3作ぐらいで、お願いします、2〜3日
おいて雰囲気をみて投稿してください。(YOUTUBEコーナーも同じです。)

雨の記憶 投稿者:ぺーです。 投稿日:2019/03/14(Thu) 21:14 No.2993 返信

雨の記憶
作詞 とまと
作曲 橘 一平
うた たなかなつみ

これは何かの 罰ゲーム 
いつも冷たい 雨が降る 

あの日あの時 あの場所で 
そうよやっぱり 雨だった 

我慢してるのに どうして 
意地悪するの あなた 

呼び覚ます 雨の記憶 
まだ想い出に できない  


こんなせつない 罰ゲーム 
胸の奥まで 沁みて行く 

今も息さえ 止まるほど 
忘れられない 雨だった 

倒れそうなのに どうして 
苦しめたいの あなた 

呼び覚ます 雨の記憶 
まだ想い出に できない  


我慢してるのに どうして 
意地悪するの あなた 

呼び覚ます 雨の記憶 
まだ想い出に できない  

添付: (3186695 Bytes)

まなざし 投稿者:ぺーです。 投稿日:2019/03/14(Thu) 20:46 No.2992 返信

まなざし
作詞 黒井 大翔
作曲 橘 一平
うた たなかなつみ

くちづけされて 抱きしめられて
夢中になれる 恋がいい
さみしいときは そばにいて
おまえが好きと ささやきながら
千切れるくらい 愛されたいの
この世に永遠(とわ)の 愛ある限り

わがままだけど 許してくれて
わらってくれる 人がいい
いじわるなんか いわないで
やさしく愛で 包んでくれて
泣きたいくらい 満たされたいの
蕾がやがて 膨らむように

うれしいことは ふたつに分けて
かなしいことも 半分こ
ためいきなんか つかないで
わたしをいつも 信じてくれて
切ないくらい 見つめてほしい
やさしく澄んだ そのまなざしで

添付: (3313161 Bytes)

早く目覚めた朝は2019 投稿者:ぺーです。 投稿日:2019/03/14(Thu) 20:33 No.2991 返信

曲先作品

   早く目覚めた朝は
       作詞 黒井 大翔
       作曲 橘 一平
       うた たなかなつみ

早く目覚めた朝は 花に水をやり
トースト焼き珈琲入れ 目玉焼き焼いて
早く目覚めた朝は 余った時間
あなたのこと考えるわ 元気かしらと
ああ、失くした愛と ああ、流れた時間
ねえ、ぽっかり空いた そう、この胸に
戻してくれる奇蹟を願い 冷たくなった朝食を


早く帰った夜は 猫に餌をやり
雨戸を閉めラジオをかけ お風呂に入って
早く帰った夜は さみしくなって
あなたの愛思い出すわ あたたかかったと
ああ、あの日のことが ああ、頭をよぎる
ねえ、後悔だけが そう、残るだけ
ふたたび会える絆を信じ 冷たく濡れた枕抱く

添付: (4569128 Bytes)

新浜町河岸情話 投稿者:R−TAKE 投稿日:2019/02/16(Sat) 20:11 No.2979 返信

・今回「松本有希 師範」に踊っていただくことになり、十数年ぶりに、当時を思い出しながらリニューアルしました、少し張りが無くなりなしたが、その分円熟度が増したかな〜

作詩;福島瑠山、作編曲;佐谷戸一、歌唱;相生恵子

河岸の柳は 緑の雨よ
紅花色の 相合傘で
袂を濡らす情けの一夜
恋路の果ての手枕に
夢か現実か 
浜町河岸よ
千鳥も啼くわ隅田川

河岸の柳に蛍の灯り
おろし浴衣は
アヤメの模様
橋を渡れば
木遣りの稽古
情け深川 粋な恋
法被姿の
男に惚れた 
想い届けよ隅田川

河岸の柳は行きずり柳
忍ぶ恋路の
文知摺(もちずり)模様
あなたに逢うて
腰帯(しごき)を解けば
乳房も恥ずかし紅の色
置き行灯に
素足が伸びる
嬉し涙の隅田川

添付: (3690590 Bytes)

Re: 新浜町河岸情話 - 福島瑠山   2019/02/18(Mon) 10:18 No.2980
何回お聞きしてもいいですね。松本師範さんの舞踊を楽しみにしております。どうかYOUTUBUにも大々的に発表してください。楽しみにしております。
女形(おんながた) 投稿者:木雄太 投稿日:2019/02/24(Sun) 10:55 No.2985 返信

連続投稿、これで終わりです 
ご容赦くださいませ
女形(おんながた)                   作詞・曲  木雄太
 唄    千音
無垢(むく)な男が今 艶(あで)な女になる
女形化粧(おやまげしょう)に華衣装(はないしょう)
響(ひび)く開演ベル どこか逃げたくなる
舞台初日は 待ったなし
  気持ちの迷いは 命取り
  奈落(ならく)の底へと落ちてゆく
  さーあ さーあ さーさーさーさー
  檜舞台(ひのきぶたい)の 幕が開く

Re: 女形 - R−TAKE   2019/02/24(Sun) 22:50 No.2986
凄いねー太鼓、笛の音はどうやって入れるの?
まさか演奏してないよね、MIDI楽器かな・・・
Re: 女形 - 木雄太   2019/02/25(Mon) 17:58 No.2987
TAKEさん有難うございます。YAMAHAのMOX8シンセサイザーを使っています
太鼓は色んな種類があって和太鼓に使えそうなものを選びました。
つづみはちょっとインチキをしています。笛は木管のフルートの高音部を
使うと和の笛に近くなります。もっとも苦心したのは三味線ですね。
シンセの三味線では打ち込み候の音ですから、ひとつのラインは
シンセサイザーでもうひとつのラインは自分で三味線を弾きました。
ばちはあえて木のばちを使って歌舞伎の雰囲気が出ないものかと
実験を繰り返しました。まだまだですけどね・・・
女形(おんながた) - 奈良市 徳田 勝行   2019/02/26(Tue) 14:32 No.2988
高木さん、聴かせていただきました。 素晴らしいですね。まさに高木ワールド、聞きほれていました。 千音さんの歌も聴かせてくれます! しばらくは、この歌と舞台風景の夢を見そうです(笑) TAKEさんのポイントも耳で比べながら楽しませていただきました。 ありがとうございます!
Re女形 - 木雄太   2019/02/28(Thu) 18:27 No.2989
徳田さんコメント有難うございます、明日から3月です、奈良の都の
最もいい季節ですね。何年か前の桜の季節にお邪魔しました。
あの節は大変お世話になりました、今でも大切な思い出です。
続浜町河岸情話 投稿者:R−TAKE 投稿日:2019/02/14(Thu) 23:17 No.2978 返信

 
   「続浜町河岸情話」

   作詩;福島瑠山、作編曲;佐谷戸一、歌唱;相生恵子

  浜町河岸が 春めくころは
  品川沖の鴎(かもめ)が騒ぐ
  来たか船乗り 木更津船便(きさらずがよい)
  待つは色白 江戸育ち
  好いた惚れたと 忍んで会(お)うて
  恋の口説(くぜつ)で 夜が更ける

  浜町河岸が 春めくころは
  品川沖に 帆柱(ほばしら)見える
  来たか船乗り 鎌倉船便(かまくらがよい)
  待つはお侠(きゃん)な 江戸育ち
  好いた惚れたと 駄々(だだ)こねまわし
  恋三昧(ざんまい)夜が更ける

  浜町河岸が 春めくころは
  品川沖に 月待ち船よ
  来たか船乗り 北前船便(きたまえがよい)
  待つは芸者(あねさん)江戸育ち
  好いた惚れたと 猪口(さかずき)交わし
  恋の手管で 夜が更ける

添付: (3655063 Bytes)

< 234567891011>
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++