■ トピック関連記事
追憶の銀巴里 投稿者:福島 瑠山 投稿日:2020/06/25(Thu) 16:53 No.1740

saiちゃんが歌っている。どうかお聞きください

 
作詞: 福島瑠山
作曲: 佐谷戸一
歌唱:高野博美
ネオンの照明(あかり)がさざめいて
銀座八丁暮れなずむ
ああ、シャンソン喫茶「銀巴里」よ
三輪明宏が歌っていた
「父ちゃんのためならエンヤコラ」
「子供のためならエンヤコラ」
あの「ヨイトマケの唄」に感動した日々
私は貴方の背中に顔を埋めて聴いていた
ただ何となく別れの予感が頭をよぎり
自然と涙がでてきたわ
ああ、銀座七丁目の銀巴里よ
私は裏道を一人淋しく帰って行った
ああ、帰り来ぬ青春の思い出よ

ネオンの照明にときめいて
銀座八丁暮れなずむ
ああ、シャンソン喫茶「銀巴里」よ
あの金子由香里が歌っていた
「暗い日曜日」はむごい歌
世界で流行った死の唄よ
愛する者の別離 人生の絶望
私は 貴方の背中に顔を埋めて 聴いていた
ただ何となく 不吉な予感が 頭をよぎり
自然と苦しくなってきたわ
ああ、銀座七丁目の銀巴里よ
常連の三島由紀夫は帰ってこない
ああ帰り来ぬ青春の思い出よ

(転調)
戦争で亭主を亡くした未亡人は 
どこでも「ヨイトマケ」で働いた
戦争に 負けた国の日曜日は暗かった
自殺した者(もの)も多くいた
けれど世の中がどんなになろうとも
わたしは負けない 
強く生きるのだと
自分に言い聞かせた
「銀巴里」
ああ、帰り来ぬ青春の思い出よ 

添付: (5679177 Bytes)

処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++