[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
雪の華 投稿者:高木雄太 投稿日:2020/02/14(Fri) 23:54 No.3972

唄 高木雄太

作詞 里村龍一
作曲  杉本真人
オリジナル歌手 鳥羽一郎

流れ他国の北の停車場(えき)
しのぶ過去(むかし)に 雪が降る
ゆらゆら肩に舞い降りて
解けて儚く 胸を刺す
ゆらゆらゆらり せつないよ
あいつは春の 雪の華

胸でくすぶる詫び言葉
言えずじまいで春が逝(ゆ)く
ホロホロひとり 飲む酒が
やけに身にしむ 縄暖簾
ホロホロホロリ 逢いたいよ
あいつは春の 雪の華

何処へ逃げても 面影が
雪の季節にゃ浮かぶだろ
ハラハラひとつ 手に乗せりゃ
消えて涙の露になる
ハラハラハラリ 淋しいよ
あいつは春の 雪の華

添付: (6479540 Bytes)

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++