[戻る]
■ 記事返信
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右の数字を入力) 投稿キー
CD制作(福島瑠山) 投稿者:サイト管理人 投稿日:2018/06/06(Wed) 00:16 No.3899

収納楽曲を公開します。
関係者の方確認よろしくお願いします。

・相生恵子=浜町河岸情話

添付: (3553070 Bytes)

Re: CD制作(福島瑠山) - サイト管理人   2018/06/06(Wed) 00:24 No.3900
・ときめきさくら=涙が真珠が変わる時
(音が割れていたので変更しました。)

添付: (6759932 Bytes)

Re: CD制作(福島瑠山) - サイト管理人   2018/06/06(Wed) 00:27 No.3901

・とわの香織=男ばかりの春ではないわ

添付: (5766807 Bytes)

Re: CD制作(福島瑠山) - サイト管理人   2018/06/06(Wed) 00:29 No.3902

・高野博美=追憶の銀巴里

添付: (8392429 Bytes)

Re: CD制作(福島瑠山) - サイト管理人   2018/06/06(Wed) 00:31 No.3903

・朝日奈瞳=大江戸助六縁起

添付: (6507226 Bytes)

Re: CD制作(福島瑠山) - サイト管理人   2018/06/06(Wed) 00:33 No.3904
・夕涼美ミント=バッチリ下町娘

添付: (4234623 Bytes)

Re: CD制作(福島瑠山) - 福島瑠山   2018/06/07(Thu) 11:13 No.3905
なにしろTVの無い時代である。NHKラジオの舞台中継を時々聞いていた。
「こちらは日本橋浜町明治座からの舞台中継であります・・」ラジオは実に想像をかきたてた。隅田川が東京湾にそそぐ浜町河岸を降りて足を水に浸し、想いを巡らせたこともあった。今般、管理人さんがCDを作ってくださる、という。有難いことである。今般の6曲すべて確認しました。偶然とはいえすべて作曲は佐谷戸さん。歌い手の方はベテラン揃い。(朝日奈 瞳さんが急逝されたのは5年前の11月、光陰矢の如し、です。改めてご冥福を祈ります)さて、大手生保D社のOB会会報(発行部数3万部)にこの「浜町河岸情話」が藤間流で舞踊になった、と記してからもう7年がすぎた。こんな記事である。
「インターネットの音楽サイトに歌詞を投稿し、作曲、放送、配信してもらった数は約4年間で60を超えた。趣味が望外の領域に展開することがある。はじめて「舞踊」になった。私が昨年作詞した「浜町河岸情話」だ。
{作曲は東京在住の佐谷戸 一さん、歌い手は名古屋在住の相生恵子さんだ。世に絵・書・歌などで「天才的」といわれる方がいる、この歌を聴いたとき思わず、これは「プロ級」だと、唸った。それもそのはずで子供の頃、父上の会社の音楽祭で「旅姿三人男」を歌い、「美空ひばり二世」と大変もて囃されたので、父上は非常に心配し、成人するまで歌謡曲を歌うこと厳禁された、という。
だが、「三つ子の魂百まで」の喩え通り、ママさんコーラスで頭角を顕し、 東京武道館での大会や東海歌謡大会にも出場した。(中略)この歌が日本舞踊界の名門藤間流の耳に入った。「舞踊」(おどり)にするという。振付けは師匠の藤間楊香さん、踊るはお弟子さんの加藤健作さん、近々DVDが完成し、インターネットで公開する、という。お弟子さんの加藤さんは何と名古屋学芸大学ヒューマンケア学部の非常勤講師であり、また愛知障害者フライングィスク協会の名誉会長としてもご活躍中の方だ。趣味は舞踊、カラオケ、囲碁、スポーツなどのマルチ人間だ。以下略}
当たり前だが、自分の書いた詞には思い出がある。「追憶の銀巴里」は長い歌詞だ。
この長い歌をsaiちゃんは歌ってくれた、何と5分49秒である。流石です。これもD社の千字エッセイに掲載した。古朝比奈瞳さんが歌ってくれた「大江戸助六縁起」は新設歌舞伎座のこけら落としに合わせて歌って頂いた。ときめきさくらさんの「涙が真珠に変わるとき」は転勤で三重県に5年間お世話になったので書いた。これもD社の会報に書いた。いまでも銀座ミキモトの前を歩いている。そのたびに三重県の風景、温和でいい方がたを想い起こす。
「男ばかりの春ではないわ」ぞくぞくする色気たっぷりの歌い方に感激している。まさに「世は女のものだ」男はだらしがない。セクハラなどにうつつを抜かしているエライ奴もいる。
「バッチリ下町娘」はミントさんの声がはずんで、生き生き、まさに下町娘の真骨頂です!
いま、浅草はチャイナ、コリア、ベトナムのお嬢さん
(中にはおばさんも)に独占されてますよ・・
貸し衣装を着てゾロゾロ、なかなかの景観です。
三社祭りが終わり、今度はカーニバルです、迫力満点ですよ。皆さん、有難うございます。「人生一場の夢」大いに夢を見ましょう。
Re: CD制作(福島瑠山) - サイト管理者   2018/06/11(Mon) 15:49 No.3911
解説ありがとうございます。

- JoyfulNote v5.11 -
++ Edited by Hamel ++